2011年05月31日

部分痩せ1「下半身痩せ」

「女性にどこを痩せたいか」という質問をすると、上位に必ず上がるのが「下半身」です。


女性は種族保存のために、妊娠、出産という役割を担っておりそのために腰回り、ヒップ、太ももに脂肪がつきやすく、また、落ちづらいと言う仕組みがあります。



女性は、もともと下半身に脂肪細胞が多いうえに、女性ホルモンに皮下に脂肪を溜め込むという働きがあるで脂肪細胞の多い下半身を中心に太るのです。


女性の太り方には2つのダイプがあります。



上半身タイプと下半身タイプです。


上半身タイプはウエストから上にボリュウムがつきやすく、その原因は主に脂肪です。
欧米人に比較的このタイプが多く見られます。



これに対して下半身に脂肪がつくタイプは、ウエストから下にボリュウムがつきやすく、脂肪と水分の両方の循環が悪いことが原因で、日本人に多く見られる特徴です。




脂肪と水分の循環が悪いとはどういうことなのでしょうか?



もともとからだと言うのは、動脈から酸素や栄養分がたっぷりの血液がきちんと細胞にいきわたり、二酸化炭素や老廃物などの毒素が静脈によって運び出されて、これらの動脈や静脈といった毛細血管とリンパ管が連動して栄養をおくったり老廃物を運び去るといるメカニズムがあるのですが、このメカニズムがうまく働かなくなると言うことを言います。



全身の痩身法には

○食事制限

○運動

○マッサージ

という方法がありますが、下半身は脂肪細胞の数も多くまた、脂肪もつきやすくて落ちにくいと言う特徴もあることから、全身の痩身法とはちがった方法をとる必要があります。



下半身痩せにとって必要なものは


○脂肪を減らす

○セルライトをなくす

○血液、リンパの流れをよくする

○むくみをなくす

○冷えをなくす


ことが大切です。


続きを読む






234x60


テキスト

posted by nonbye at 09:40| Comment(0) | 部分痩せ「脚痩せ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。